きちんとチェックして危険回避! クレジットカード現金化優良店の見分け方とは?

クレジットカード現金化は、お金が無い時には非常に便利な裏技です。
ですが初めての場合、不安と疑いが先行してしまい、最初に躓きやすいのが業者選びです。
そこで、当記事では初めての方でも簡単に理解できるクレジットカード現金化優良店の見分け方を紹介していきます。
コツさえ分かれば簡単なのでぜひ参考にしてみてください。

業者の安全性をチェックするには?

クレジットカード現金化を専門に扱う業者は多くあります。
しかしクレジットカード現金化は、厳密には違法行為ではないにしても、クレジットカードの利用規約に違反する行為となります。
なので、カードの利用停止や個人情報流出などのリスクに不安を感じる方も少なくないでしょう。
となれば、なるべく安全性や信頼性が保証されている優良店で現金化したいところです。
それにはまず、利用する業者のホームページをチェックしましょう。
フリーダイヤルの固定電話番号が記載されていない場合、怪しい業者かもしれないので、利用は避けておいた方が良いでしょう。
そして創業年にも注目し、運営年数の長さをチェックしましょう。
3年以上運営が続いているところであれば安心です。
業者が安全かどうかをさらにチェックするには、“古物商許可証”を取得しているかも確認し、公安委員会の許認可があるかどうかで安全性を確かめることができます。
その他、ネット上の口コミや評判もチェックすることでも、その業者のよりリアルな実態を知ることもできるでしょう。

換金率の相場は80%が普通! 優良店では?

クレジットカード現金化の換金率についてですが、公式ホームページに記載されている換金率と実際に手元に入るお金の還元率は、予想と異なる場合が多いです。
現金化業者のホームページでは「換金率最大98.8%!」といった大きな宣伝文句がよく見られますが、申し込み金額の98%ものお金がそのまま手に入ることは、ほぼあり得ないと言っても過言ではありません。
実際の還元率は平均80%前後で、無駄な手数料などを抑えて換金率に還元し、85%くらいにまで引き上げているところは優良店であると言えます。
「換金率が高ければ高いほど優良だ」というわけではないので、くれぐれも注意して下さい。

優良店では担当スタッフの電話対応が丁寧!

クレジットカード現金化の魅力の一つとして「ほとんどオンラインだけでやりとりが可能」という事もありますが、事前に取引内容の詳細について電話で問い合わせをするのがおすすめです。
その際、担当スタッフの受け答えが丁寧で的確であるかどうかで、ある程度はその業者の信頼性を判断することが可能です。
闇金融や詐欺グループなどが関わる悪徳業者では、言葉遣いが荒く、重要な部分をきちんと説明しなかったり、強引に話を進めて契約に持っていくようなやり口が多いです。
そういった時はすぐに取引を打ち切りましょう。
また、電話をかけるとどこかに転送される場合も架空業者によくある怪しいパターンなので注意が必要です。

まとめ

クレジットカード現金化について何も知らずに安易に申し込むのは危険です。
利用する業者を選ぶ際は、換金率や振込みにかかる時間などの他、安全性が重要になります。
換金率の高さは大切なお金の損失を抑えることができますが、高換金率に騙されて後悔することも少なくありません。
詐欺やカードトラブルなどを避けるためにも、業者の安全性のチェックは欠かさないでください。
サイトの情報をしっかり確認した上で総合的に判断し、自分の都合に合った業者を慎重に選んで賢く活用していきましょう。