クレジットカード現金化を疑われたらどうすればいい?

クレジットカードの現金化は簡単に現金を用意することができる便利な方法ですが、リスクもあります。
その中の1つが「クレジットカード現金化をしていることがカード会社に疑われてしまった」と言うことです。
もしクレジットカード現金化カード会社に疑われた場合はどうしたらいいのでしょうか。
この記事ではその時の対処方法について解説します。

お祝いで商品券を配ることになった

クレジットカード現金化の定番商品は商品券でしょう。
換金率が高くて使い勝手が良いため現金化ではよく利用されます。
ただしこれらの商品はクレジットカード会社も現金化に利用される事はよくわかっているため、常に目を光らせてチェックしています。
もし商品券を大量に購入してカード会社に怪しまれてしまった場合は、「お祝いで商品券を配ることになった」と言いましょう。
「会社を退職するのでお世話になった人に商品券を配ることにした」でもいいかもしれませんね。
どんな人でもお祝い事はあるでしょうし、会社を本当に退職するかどうかクレジットカード会社は調べようがありません。
これならカード会社も納得してくれるはずです。

新幹線の回数券で疑われてしまった場合

新幹線の回数券もクレジットカード現金化でよく利用される商品です。
新幹線は旅行や出張に非常に便利なため、高く買取してもらうことができるからです。
もし新幹線の回数券を利用したクレジットカードの現金化が疑われた場合、「部署の移動があって出張することが増えた」と答えましょう。
若い人なら、「遠くに彼女(彼氏)ができて遠距離恋愛なので新幹線の回数券を利用する機会が増えた」と答えれば良いでしょう。
部署の異動も誰と付き合うことになったかと言うこともカード会社が調べることができませんから、それ以上の追求はないでしょう。

大切なのは絶対に認めないこと

クレジットカード会社が現金化を怪しむケースは、「これまでにないカードの利用」がほとんどです。
事前に言い訳を用意しておけば、それ以上追及される事は無いはずです。
カード会社としても疑って問い合わせをするものの、自信を持って否定されてしまったらそれ以上追求する手段はありません。
問い合わせをされた時に怪しむような態度をとってしまうと、カード会社としても「現金化をしている」と言う確信を持ってしまうことでしょう。
疑われた場合も常に自信を持って否定するように心がけてください。
クレジットカード現金化をカード会社に疑われた場合の対処法

何よりも現金化業者を利用するのが安心

クレジットカード現金化を疑われないようにするためには、専門の現金化業者を利用するのが最も安心です。
クレジットカード現金化業者であればカード会社に怪しまれないようにするために手続きをするための方法について詳しく知っていますし、中には専門の弁護士やもともとクレジットカード会社にいたスタッフを雇っている場合もあります。
こういった人たちはどうすればカード会社に怪しまれないかと言う事について詳しく知っていますから、トラブルは発生しないのです。
絶対にカード会社とのトラブルを起こしたくないと言う場合は、専門の業者を利用するのが安心と言えるでしょう。

クレジットカード現金化を疑われたら

もしカード会社に現金化を疑われてしまったら、自信を持って否定するようにしてください。
そのためには事前に言い訳を考えておくことが大切でしょう。
どうしても現金化をバレたくないのであれば、クレジットカード現金化業者を利用すれば安心です。