業者を使わないクレジットカード現金化ってどうやるの?

クレジットカードの現金化をするなら業者を利用するのが一般的ですが、自分でやる方法もあります。
業者に個人情報を渡すのは何か心配だと思っている人には、自分でやる現金化がお勧めです。
この記事では業者を使わないクレジットカードの現金化ついて紹介します。

業者を使わずにクレジットカード現金化をするメリットは?

業者を利用せずに現金化するのはどんなメリットがあるのでしょうか?まず冒頭で紹介した通り、業者に個人情報を提出しなくて済むと言うメリットがあります。
インターネットのクレジットカード現金化業者を利用する時には、
  • 名前や住所
  • 電話番号
  • クレジットカード番号
などを提出しなければいけませんが、これに抵抗を覚える人も多いはずです。
顔も見れない相手に個人情報を提出するのは抵抗がありますよね。
どんな悪用されるかもわからないので不安に思うのは無理もありません。
自分で現金化すればそう言った心配は一切不要です。

担当者の顔を見ながら取引ができる

自分でクレジットカードの現金化をすると、商品の購入から売却まで全て対面で行うことができます。
相手がどんな人かわからないのはどんな方法でも同じですが、それでも対面ですることで安心感があります。
もし不安に思えば途中でキャンセルすることもできますし、納得して現金化できる相手に出会うまでお店を探すこともできます。
クレジットカード現金化業者を利用すると担当者の顔を見ることはできませんが、自分ですればそう言った心配は一切ありません。

条件に納得できなければキャンセルすることができる

クレジットカード現金化業者を利用する場合、基本的に途中でキャンセルすることはできません。
途中で「やっぱりやめておけばよかった」と後悔しても遅いのです。
しかし自分で現金化することができれば、途中でストップすることができます。
商品を購入してしまったらキャンセルすることはできないのは同じですが、売却することはストップできます。
また自分の望む条件で買取してくれる相手が出てくるまで待つと言う選択肢もあります。

業者を利用しない現金化にはデメリットもある

メリットばかりがあるような自分でやる現金化ですが、デメリットもあります。
例えば、現金化が終了するまでの手間は自分でやる場合はかなり面倒に感じるかもしれません。
業者を利用すれば申し込みをして現金を振り込むまでにすぐに対応が終わりますが、自分でやる場合には商品の購入から売却するお店選びまで全部自分で行う必要があるでしょう。
また換金率も業者を利用した方が良いのは既に有名な話であり、専門業者を利用した方が圧倒的に有利です。
クレジットカード会社にバレるリスクも、業者を利用した場合よりも自分で実行する方が圧倒的に高いでしょう。
クレジットカード現金化業者を使わずに現金化する方法

自分でする現金化にはメリットもデメリットもある!

このように自分で現金化するとメリットがたくさんあります。
しかしデメリットもありますので、自分にあった方法はどちらなのかしっかりと考えると良いでしょう。
換金率や手間暇がかかってもいいから安心して現金化をしたいなら自分でやる現金化を、スピードや便利さにこだわるなら業者がお勧めです。
いずれの場合にせよカード会社にバレないようにすることが大切ですから慎重にしてください