クレジットカード現金化が意味するものと有効な利用法について

クレジットカード現金化は利用限度額に余裕のあるクレジットカードさえ持っていれば誰にでも使うことができる、もっとも手軽な現金調達方法です。
しかしクレジットカード現金化をする意味を正しく理解していないと、損をしたりトラブルを引き起こす原因になることもあるので気をつけておきましょう。

クレジットカード現金化が意味するものとは

まず最初にクレジットカードを現金化することの意味をしっかり認識しておくことが大切です。
クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2種類の利用枠が存在します。
一般的にクレジットカードでお金を借りる場合、利用するのはキャッシング枠です。
しかしクレジットカード現金化をする場合に利用するのはショッピング枠となっています。
現金化とは、本来は買い物のために用意されている利用枠の残高を現金に置き換えることを意味しているからです。
そのためクレジットカード現金化では、あたかもクレジットカードを使って「現金を買う」ような感覚を持つことになります。

クレジットカード現金化の特徴とその意味

クレジットカード現金化にはいくつかの特徴があります。
たとえば現金化は誰かからお金を借りるわけではないため、貸金業法の制約を受けません。
そのため金融機関のブラックリストに登録されてしまい新たに借金ができなくなっている人でもお金を作ることが可能になります。
その一方でクレジットカード現金化では一旦商品をカード決済で購入して、その商品を現金で売るという過程を経ることで現金を生み出しています。
こうした現金化の流れは貸金業法ではなく、中古販売を扱う古物商取引の制約を受けることを意味しています。
古物商取引では未成年者の利用時には保護者の許可が必要になるため、クレジットカード現金化を代行する業者においても身分証による年齢確認は必須となっています。

クレジットカード現金化が特に意味を持つケース

クレジットカード現金化を行うことに意味があるケースの代表格は、口座にお金がない状態でまとまった現金を急に用意しなければいけなくなった場合です。
たとえば給料日前で貯金が底をついてしまったタイミングで重要な飲み会に誘われたり、ご祝儀や香典を用意する必要が出てきた時を想定するとわかりやすいでしょう。
こうした時、普通のキャッシングを使うのは審査の時間や金融情報に借金履歴が残ってしまうリスクなどを考慮すると割りに合いません。
しかしクレジットカード現金化であれば無審査ですぐにお金を用意できるのに加えて、借金の記録が残ることもないため非常に便利です。

クレジットカード現金化があまり意味を持たないケース

逆にクレジットカード現金化が意味を持たないのは、中長期的な資金調達に利用するケースです。
クレジットカード現金化はあくまでショッピング枠の残高を現金に置き換えているだけなので、次の口座引き落とし日までには利用金額を用意し直す必要があります。
しかも現金化した際の換金率によっては、手に入れた金額の数割増のお金を口座に用意しておかないと引き落としエラーになってしまいます。
つまりクレジットカード現金化は、引き落とし日までの間に収入があることを前提とした一時的な危機回避に使うのがもっとも意味のある運用方法であると言えるでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化は借金にならない形でお金を作ることができる貴重な方法です。
使い方次第では様々な場面で意味のあるテクニックとなりますが、その反面で普通の借金に近い感覚で使ってしまうとあまり効果を発揮できないこともあります。
クレジットカード現金化をする際には、必ずその意味と効果を再確認しておくようにしましょう。